経済

ヒルトン、グランドキャッスル運営へ 「ダブルツリー首里城」に

ホテル日航那覇グランドキャッスル=19日

 米ホテル大手のヒルトン・ワールドワイドは19日までに、「ホテル日航那覇グランドキャッスル」(那覇市首里)の運営を受託し、7月1日から「ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城」として開業すると発表した。従業員の雇用は継続し、2019年をめどにホテルを全面改装する予定。同社が運営する県内3軒目のホテルとなる。

 同ホテルは1973年に開業した。地上20階で客室総数は333室。現在、オークラニッコーホテルマネジメント(東京)が運営している。ヒルトン・ワールドワイドが「ホテル日航那覇グランドキャッスル」を経営する琉球ホテルリゾート那覇(那覇市)と運営受託契約を締結した。
 ヒルトン・ワールドワイドは「沖縄の観光産業は円安や航空路線の増便を追い風とした訪日外国人の増加により、着実な成長を遂げている。今後国内客の増加も期待される」と述べた。