経済

日本一早い沖縄の桜全国へ JALとJTA、22空港へ発送

日本一早く開花した琉球カンヒザクラを全国各空港に届ける発送式=22日午前11時すぎ、那覇空港国内線旅客ターミナルビル

 「第38回もとぶ八重岳桜まつり」が23日に開幕するのに合わせ、日本航空(JAL)・日本トランスオーシャン航空(JTA)グループは22日午前、「日本一早い桜の花」発送式を那覇空港で開いた。

 国内で最も早く開花した本部町の琉球カンヒザクラの切り花を、北は北海道、南は福岡まで全国各空港に届ける。那覇を含めた国内22空港のチェックインカウンターやラウンジに飾り、花満開の沖縄とやんばるの観光をPRする。
 発送式では、本部町観光協会もとぶミス桜の石川紀代乃さん、安里香南さん、仲村利沙さんが、JAL、JTAの職員にカンヒザクラの花束を手渡した。
 同協会の當山清博会長は「ことし沖縄観光が年間800万人を達成する一番初めの取り組みになる」とあいさつ。JAL沖縄支店の渡部勝麿支店長は「受験シーズンでもあり、南の沖縄からの『サクラ咲く』の話題を大切に届けたい」と述べた。
【琉球新報電子版】



琉球新報