教育

名護市教育委が遺跡認定を申請 県に辺野古崎沿岸、陸上部

 名護市教育委員会は22日までに、土器などの発見が相次いだ米軍キャンプ・シュワブ内にある名護市辺野古崎沿岸部と陸上部を遺物散布地として遺跡認定するよう県教育委員会に申請した。陸上部で昨年7月から始めた試掘調査で、新たに見つかっていた遺物は陶器片と石器とみられる物で4点だった。県教委は22日、市教委に遺跡認定に関する照会をした。
 陸上部で新たに発見された4点についても、県教委は文化財認定に向けた手続きを並行して進める。