政治

佐喜真氏が再選 宜野湾市長選 志村氏に5857票差

当選を確実にし、支持者らとともにバンザイ三唱する佐喜真淳氏(中央)=24日午後9時15分ごろ、宜野湾市野嵩の選挙事務所

 【宜野湾市長選取材班】任期満了に伴う宜野湾市長選は24日夜に投開票され、政府・与党の支援を受けた現職の佐喜真淳氏(51)=無所属・自民、公明推薦=が2万7668票を獲得し、元県幹部で翁長県政与党の支援を受けた新人の志村恵一郎氏(63)=無所属=の2万1811票に5857票差をつけて再選を果たした。

 米軍普天間飛行場の返還・移設問題が最大争点になった今回の市長選で、名護市辺野古移設を進める政府・与党が推す現職が勝利したことで今後、安倍政権は移設作業を強硬に推し進めることが予想される。
 佐喜真氏は政府・与党の全面支援を受けて自公幹部らを水面下で投入して企業・団体票を固めた。与党市議団が地域をくまなく回る「どぶ板選挙」を徹底して支持を広げた。普天間問題では「固定化阻止」を強調して争点化を避け、経済振興や子育て支援の実績が市民に評価された。【琉球新報電子班】
英文へ→Incumbent Sakima wins mayoral election in city hosting US Futenma base