経済

オリオン、伊江島産小麦で新商品 「地域に貢献」香港でも発売

「琉球ホワイト」をPRする新垣昌光オリオンビール副社長(右から3人目)と島袋秀幸伊江村長(同4人目)ら=25日、県庁

 オリオンビール(浦添市、嘉手苅義男社長)は26日から伊江島産の小麦を使ったビール「琉球ホワイト」を県内と香港で数量限定で発売する。県産素材を主原料とした商品開発は同社として初の試み。

 「オリオンクラフトシリーズ」第2弾となる新商品「琉球ホワイト」は、伊江島の在来小麦「江島神力(えしましんりき)」を使用した。香りの良い小麦に、オレンジピールやコリアンダーなどを加え、フルーティーでスパイシーな味わいに仕上げた。オープン価格で、店頭想定価格は220~230円前後。49万4千本(350ミリ缶)の限定販売。
 島袋秀幸伊江村長ら関係者が25日午前、県庁で記者会見した。伊江島小麦生産組合の玉城堅徳組合長は「甘みがあり香りも強いのが特徴。島の小麦を使った商品ができ、うれしい」と話した。新垣昌光オリオンビール副社長は「地域貢献を目的に開発した。地元の方々からも満足いただける味わいになった」とPRした。【琉球新報電子版】



琉球新報