政治

西普天間跡地利用を推進 島尻氏きょう来県、交付金施設視察へ

 【東京】島尻安伊子沖縄担当相は29日午前の閣議後会見で、28日に初開催された政府・沖縄県協議会について「西普天間住宅地区の跡地利用を進めていきたいと話した。日本のフロントランナーとしての沖縄振興ということに応えるべく頑張りたい」と述べ、沖縄振興の議論に尽力する考えを示した。

 甘利明前経済再生担当相の辞任に関しては「指導もいただき、大変尊敬する先輩でもあるので本当に残念だ。政治家が襟を正すのは基本中の基本。私自身も襟を正して姿勢よくやらねばならない」と自戒も込めて述べた。
 29日夜から31日まで沖縄入りし、30日は読谷村や恩納村、沖縄市の一括交付金を活用した施設などを視察する日程も明らかにした。31日は航空自衛隊那覇基地の第9航空団新編行事に出席するという。
【琉球新報電子版】