社会

25有害物質、数値示さず 北谷土壌汚染、住民説明会

 【北谷】北谷町上勢頭の住宅地地中から環境基準値を超えるダイオキシン類が検出された問題で31日、町上勢頭の町商工会で沖縄防衛局は周辺住民と地権者に対し、調査の中間報告に基づいた説明会を開いた。参加した住民約40人からは健康調査や他の地点での掘削(ボーリング)調査を求める意見が出た。
 防衛局は環境基準値の1.8倍に当たるダイオキシン類1800ピコグラムが検出されたと説明した。それ以外の土壌汚染対策法に特定有害物質と定められる25物質については数値は示さず「基準値内だった」とした。

 今後、(1)近隣で表層土壌(深さ5センチ)のダイオキシン類のみを調査(2)文献や聞き取りなどの資料等調査で、必要が認められた場合に追加調査をする-と伝えた。説明会後、町議や報道陣に説明した。
 「現状で汚染物質の飛散による汚染拡大や健康被害のリスクはない」「掘り起こさなければ、早急な健康リスクはない」などと説明したが、沖縄防衛局は取材に対し「あくまでも考察だ」とした。
 防衛局の玉榮一邦管理部次長、町の玉那覇修総務部長、県の松田了環境政策課基地環境特別対策室長らも説明者席に座った。
英文へ→Information session on Chatan soil contamination withholding specific levels of 25 toxic substances


北谷町で環境基準値を超えるダイオキシン類が検出されたことについて説明する沖縄防衛局や県、町の担当者=31日、北谷町


琉球新報