社会

【電子号外】辺野古 県が国を新たに提訴 3件目、係争委却下に不服

        (PDFファイル718KB)

 翁長雄志知事による名護市辺野古の埋め立て承認取り消しを国土交通相が執行停止したことをめぐり、国地方係争処理委員会が県の不服申し出を却下したことを不服として、県は1日午後、国を相手に福岡高裁那覇支部に新たに提訴した。地方自治法の規定に基づく提訴で、執行停止の取り消しを求める。埋め立て承認取り消しをめぐる県と国の法廷闘争としては3件目となる。【琉球新報電子版】