政治

県494億円、市町村312億円 ソフト交付金の配分決定

沖縄振興会議であいさつする翁長雄志知事(中央)=1日、那覇市の自治会館

 県と41市町村でつくる沖縄振興会議が1日、那覇市の県市町村自治会館で開かれ、総額806億円の2016年度沖縄振興特別推進交付金(ソフト事業の一括交付金)の配分を前年度と同じ県分494億円、市町村分は312億円とすることを決めた。

 続いて開いた沖縄振興市町村協議会では市町村分312億円のうち「基本枠」272億円を前年同様に各市町村へ配分し、広域事業などに充てる「特別枠」に40億円を用意することを決めた。
 沖縄振興会議の冒頭で翁長雄志知事は「県も円滑な事業執行を全力で取り組むので、各市町村も配慮と協力をお願いする」と述べた。【琉球新報電子版】