経済

ムスリムのレシピ開発 OCVB、客誘致でコンテスト

 県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月29日、イスラム教徒(ムスリム)の誘致に向けて、「ムスリムレシピ開発コンテスト」の最終審査会を那覇市の県男女共同参画センターてぃるるで開いた。県産食材を使用した野菜中心の「ベジタリアン部門」と、豚肉やアルコールを使用しない「ノンポーク、ノンアルコール部門」の2部門で最優秀賞が決まった。

 「ベジタリアン部門」には、冷凍食品卸売業の寄宮の「沖縄げんき野菜の海苔(のり)巻きと彩りサラダ」、「ノンポーク、ノンアルコール部門」は、カフーリゾートフチャク コンド・ホテル(恩納村)の「新鮮な沖縄野菜が主役のムスリムコース」が選ばれた。
英文へ→OCVB holds Muslim recipe contest


ベジタリアン部門で最優秀賞を受賞した冷凍食品卸売業の寄宮の「沖縄げんき野菜の海苔巻きと彩りサラダ」