政治

代執行訴訟 稲嶺市長、高裁和解案に「違和感」 集中協議経過踏まえ疑問視

辺野古埋め立て承認取り消しの代執行訴訟で、高裁那覇支部が提示した和解案について「中止が大前提だ」と話した稲嶺進名護市長=4日午前11時半、名護市役所

 【名護】稲嶺進名護市長は4日午前の定例会見で、名護市辺野古への埋め立て承認取り消しで国が県を訴えた代執行訴訟で、福岡高裁那覇支部が提示した和解案について「造らせないということが大前提で、(和解案には)違和感がある」との見方を示した。

 国が工事を中止し、県と協議するとした暫定案について「暫定ということに違和感がある。前回の集中協議もすれ違いだった。(協議をして)うまくいくのかということがある」と話した。【琉球新報電子版】