社会

宮古トゥリバーからPAC3撤収へ

トゥリバー地区から撤退し、航空自衛隊宮古島分屯基地に入るPAC3発射機=午前9時50分ごろ、宮古島市上野野原

 【宮古島】北朝鮮「ミサイル」発射問題を受け、防衛省は宮古島市平良のトゥリバー地区に展開していた地対空誘導弾パトリオット(PAC3)などの部隊を撤退させた。ただ、同地区では土のうや鉄条網の撤去作業などが残っているとし、市民の使用制限解除には時間がかかる見通しだ。

 撤退した自衛隊部隊は、宮古島から引き上げるための船の調整で、一時的に市上野野原の航空自衛隊宮古島分屯基地にとどまっている。【琉球新報電子版】