経済

うちなーの翼 JTA新737―800型機が初就航 客161人乗せ福岡へ

午前7時10分発福岡行きで初就航したJTA新機材ボーイング737―800型機=10日午前7時すぎ、那覇空港

新型機材の初就航を祝い、テープカットする丸川潔JTA社長(中央)ら=10日午前7時ごろ、那覇空港

 日本トランスオーシャン航空(JTA、那覇市、丸川潔社長)は10日午前6時半、新機材のボーイング737―800型機(165席)の就航セレモニーを那覇空港で開いた。同社の新型機材導入は、1994年以来22年ぶり。乗客161人を乗せた新機材は福岡に向けて飛び立った。


JTA22年ぶりとなる新型機材ボーイング737―800型機の就航をPRする客室乗務員ら=10日午前7時ごろ、那覇空港

 新型機は10日から、那覇―福岡、那覇―宮古を1日8便の就航から開始する。16年度中にも、那覇―石垣や羽田―宮古にも投入を予定している。同便に乗り込んだ乗客らには、同社のオリジナルグッズが贈呈された。
 丸川社長は「これを契機に、より最高のサービスを利用者へ届けたい」と意気込んだ。同便へ乗り込んだ山口貴寛さんは「新機材に乗り込むため、関西から駆け付けた。待望の新機材で、すごく楽しみだ」と笑顔で旅立った。
【琉球新報電子版】



琉球新報