社会

貯水率 最低水準39・5% 小雨で国管理北部5ダム 

国管理のダムについて議論する沖縄地方ダム管理フォローアップ委員会=12日午前9時34分、那覇市の沖縄総合事務局

 沖縄総合事務局は12日、2015年度沖縄地方ダム管理フォローアップ委員会(委員長・上原方成琉球大名誉教授)を那覇市の同事務局で開いた。国が管理する北部5ダムで14~15年の小雨により、貯水率が1991年の福地ダムの再開発完了以降最低の39・5%を記録したことが報告された。

 委員会では安波ダムと普久川ダム、辺野喜ダムについて、5年ごとに作成される定期報告書などについての説明があった。委員からは「(ダム下流の)地域住民への(川の氾濫について)広報活動を徹底してほしい」などの意見が出た。
【琉球新報電子版】