教育

68年越しの卒業証書 学制移行で未授与の5人に 那覇・高良小

68年越しに卒業証書を受け取る卒業生(右)=13日、那覇市立高良小学校

 那覇市立高良小学校(津波津賀子校長)の創立70周年式典(同実行委員会主催)が13日、同校で行われた。学制が「6・3」制に変わった戦後の混乱で小学校の卒業証書を受け取っていなかった卒業生5人に、津波校長が卒業証書を授与した。卒業生は68年越しの授与に、笑顔を見せた。

 卒業証書を受け取ったのは長嶺健一さん(82)、國吉眞善さん(81)、上原秀政さん(80)、上原金光さん(79)、上原興一さん(79)の5人。初等教育が8年制だった時代の6~8年生で、1948年の制度移行に伴い、小学校を卒業せずに中学生になっていた。
 70周年記念式典を開催するに当たり、実行委が自治会の協力を得て卒業証書を受け取っていない卒業生を探し出した。長嶺さんら5人のほかに未授与の卒業生は7人いることが分かっており、後日、卒業証書を届ける。これ以外にも申し出があれば卒業証書を渡す予定だ。
 長嶺さんは「卒業証書を受け取れると聞いてうれしい気持ちでいっぱいだ。友達はほとんど亡くなってしまった。一緒に受け取りたかった」と話した。