社会

消火剤に規制化学物質 嘉手納基地、県に回答

 米空軍嘉手納基地周辺の比謝川などから国内で原則使用が禁じられている有機フッ素化合物(PFOS)が高濃度で検出された問題で、同基地は18日までに、現在も同基地内にPFOSを含む泡消火剤があることを明らかにした。県企業局の照会に「引き続き残存するPFOS含有水成膜泡消火剤を、非PFOS含有製品に取り換える作業を実施する」と回答した。県企業局は使用中止を求めた。

 漏出の有無や、基地内への立ち入り調査の可否などについては回答しておらず、企業局は再照会する。