スポーツ

「元気な姿見せたい」 諸見里、ダイキンへ意気込み

歓迎の花束を持ちファンに手を振る女子プロゴルファーの諸見里しのぶ=27日午前、那覇空港到着ロビー

 国内女子プロゴルフツアーの開幕戦となる第29回ダイキンオーキッドレディストーナメント(3~6日・琉球GC)に出場する諸見里しのぶが27日、沖縄入りした。今季から出場試合を限定する“休養”を宣言しているが、「一つでもいいプレーをお見せできるよう頑張りたい」と笑顔をみせた。

 昨季は肋軟骨(ろくなんこつ)の炎症による激痛や持病のアレルギーに苦しみ、出場29試合のうち予選通過は7試合だけ。今季は治療を優先し、出場試合も絞る意向を示している。今オフは本格的な練習は積んでおらず、「散歩の時間をすごく増やした」と言う。
 所属先の主催大会で「ホステスプロ」として出場する故郷でのダイキンオーキッドには、「みんなに応援してもらってパワーをもらえる」と特別な思い入れがある。4日間の日程に体力面の不安はあり、「プレーでは危なっかしいところもあると思う」と笑いつつ「それでも全ホールでバーディーを狙っていきたいし、楽しくゴルフをしている自分を見せたい」と意気込みを語った。



琉球新報