社会

辺野古ゲート前、資材搬入無し 海上作業も確認出来ず

工事車両の出入りなどに備える警備員=28日、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う新基地建設準備が進む名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で28日午前、新基地建設に反対する市民ら数人が道路沿いでプラカードを掲げるなどして抗議している。工事車両による資材の搬入は確認されておらず、市民らが座り込んで車の進入を阻止する行動は行われていない。

 シュワブ沖の海上でも目立った作業は確認されていない。警戒船十数隻が臨時制限区域内のフロート(浮具)の外周を取り囲むように待機し、沖縄防衛局の調査船数隻がフロート内に確認できる。
【琉球新報電子版】