スポーツ

久米島トライアスロンが開幕 248人がエントリー

 【久米島トライアスロン取材班】国内では最も早いトライアスロン大会となる第2回久米島トライアスロン大会(主催・同実行委員会、共催・県、琉球新報社)が28日、久米島町のイーフビーチを発着点にスタートした。選手たちは午前8時の号砲を合図に勢いよく海に飛び込み、水しぶきを上げて泳いだ。


水しぶきを上げて勢いよく泳ぐ選手たち=28日午前8時すぎ、久米島町謝名堂のイーフビーチ

 スイム(2キロ)からスタートし、続いてバイク(47キロ)、ラン(20キロ)の合計69キロのコースで行われ、計248人(個人の部209人、リレーの部39人)がエントリーした。
 【琉球新報電子版】



琉球新報