教育

県内教職員の病休、全国の3倍2.8% 心の病は全国の倍

 2014年度の県内教育職員(事務職などを除く)の病気休職者の在職者に占める割合が2・86%(420人)で、全国で最も高かったことが1日分かった。全国平均0・9%の3倍以上。そのうち精神性疾患による休職者の割合は県内で過去最高の1・19%で、全国平均0・55%の2倍となり全国最高。

 諸見里明県教育長は1日、県議会一般質問で「保健師による相談窓口の設置や、学校訪問による面談などで教職員の健康管理に努める」と述べた。赤嶺昇氏(県民ネット)への答弁。
 病休者の校種別内訳は、小学校198人(精神性疾患の休職者は81人)、中学校は122人(同59人)、高校は65人(同24人)、特別支援学校は35人(同10人)だった。
 県教育庁は県立学校の教職員を対象にした相談ホットラインを設置している。相談件数は12年度114件、13年度262件、14年度415件と増加している。



琉球新報