スポーツ

プロゴルフで力試し ダイキン女子 エナジックからアマ4人

 【名護】南城市で3日から始まる女子プロゴルフトーナメントの開幕戦、第29回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントに県内から出場するアマチュア5人枠のうち、4人がエナジックゴルフアカデミー(名護市瀬嵩区、嘉数森勇校長)から選出された。その激励会が2月21日、エナジック体育館(瀬嵩区)で開かれた。


ダイキンオーキッドで健闘を誓う(右から)新垣比菜さん、佐渡山理莉さん、比嘉梨沙さん、金城沙希さん=2月21日、エナジック体育館

 今大会に出場するのは新垣比菜さん(興南高校2年)、佐渡山理莉さん(緑風学園9年)、比嘉梨沙さん(宜野座高校3年)、金城沙希さん(名護高校3年)の4人。
 新垣さんは昨年の3週連続ベスト10入りなど2015年の活躍が評価され、主催者推薦での出場。佐渡山さんはダイキンオーキッドに向けた県内アマチュア選抜予選会で優勝しての初参加。比嘉さんと金城さんも同予選会で上位入賞し、共に2年ぶり2回目のオーキッドトーナメントへの出場となった。
 さらに新垣さんと佐渡山さんは2016年度日本ナショナルチーム(8人)のメンバーにも選抜され、世界を舞台にした活躍が期待されている。
 当日は同アカデミーの生徒や保護者、地域のゴルフファンら大勢が参加し、4人の活躍を期して激励した。緑風学園の島袋克也校長は「当校にゴルフアカデミーの生徒が7人在籍している。連日応援に駆け付けたい」とエールを送った。
 本人たちも「プロに交じってどこまでやれるか頑張りたい」「みんながワクワクするようなゴルフをしたい」と意気込みを語った。
(嶺井政康通信員)