政治

辺野古抗告訴訟、きょう初弁論 那覇地裁

 翁長雄志知事による名護市辺野古の埋め立て承認取り消しに対して国土交通相が行った執行停止決定の取り消しを求めて県が提訴した抗告訴訟の第1回口頭弁論が4日、那覇地裁で開かれる。国は県が抗告訴訟をそもそも提起できないなどとして、訴えを退けるよう求めている。

 国は3日、地裁に2日付で提出した答弁書を公表した。国は、執行停止決定は抗告訴訟で取り消しを求められる行政庁の決定に当たらないとして、県の訴えは不適法だと主張した。
 また執行停止により工事が進むことで自治権や環境利益が侵害されるとする県の主張に対し、自治権などは「一般公益として保障されて」いるもので、司法が保護できる具体的な権利利益には当たらないとした。
 県は判決までの間、暫定的に国交相の執行停止決定の効力を止める措置も申し立てている。4日には辺野古周辺住民20人が提起した抗告訴訟の第1回口頭弁論も那覇地裁で開かれる。