政治

辺野古工事中断へ 代執行訴訟 首相、和解案受け入れ

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の埋め立て承認取り消しをめぐり国が翁長雄志知事を訴えた辺野古代執行訴訟で、中谷元・防衛相は4日、首相官邸で安倍晋三首相と面談した後「(首相からは)和解案を受け入れるということだった」と述べ、辺野古の工事中断を含む和解案を受け入れる方針を明らかにした。代執行訴訟では、国が工事を中断した上で代執行訴訟を取り下げる「暫定案」の和解案について、県は「前向きに検討する」としていた。
【琉球新報電子版】


辺野古工事中断か 代執行訴訟 首相、和解暫定案受け入れ方針