地域

やんばる 一番茶香る 名護伊差川

一番茶を摘み取る金川製茶の比嘉猛代表(右)ら=15日午前、名護市伊差川

 【名護】名護市伊差川にある金川製茶(比嘉猛代表)の茶畑で15日、日本一早い新茶の収穫作業が始まった。朝日の陽光で黄緑色にきらめく新芽を、3人一組で丁寧に摘み取った。国頭村奥や金武町中川、大宜味村でも今後、一番茶の収穫が予定されており、やんばるは新茶の季節を迎える。

 収穫した茶葉の品種は花の香りが特徴の「静印雑131」で、無農薬で育てた。1年を通して収穫期の調整が可能な品種だが、春と秋に採れた茶葉の味がいいという。
英文へ→This year’s first crop of tea leaves harvested in Nago



琉球新報