スポーツ

61チーム、熱闘誓う 県春季高校野球が開幕

 高校野球の第63回県春季大会(主催・県高校野球連盟、共催・琉球新報社)が20日、開幕した。北谷公園野球場で行われた開会式では57チームが入場行進した。開邦の鈴木心主将が「県高野連設立60年の伝統を受け継ぎ、次は私たちが新たな歴史をつくるという固い決意をプレーに込め、最高の仲間たちと最後まで戦い抜く」と宣誓した。

 シードは八重山、興南、那覇商、嘉手納の4校で、南部商・南部農林合同チームを含む61チーム(62校)が頂点を懸けて戦う。
 大会初日は1回戦6試合が行われ、前原、久米島、首里東、八重山商工、美来工科、名護が2回戦進出を決めた。
 決勝は4月2日午後1時から北谷公園野球場で行う。優勝校は九州地区大会(長崎県、4月23~28日)に派遣される。

◆きのうの結果
▽1回戦
名護 17―0 中部農林
(五回コールド)
首里東 8―2 具志川
久米島 8―2 真和志
八商工 8―0 那覇工
(七回コールド)
前原 5―2 宮古
美来工科 9―6 北山

◇きょうの試合
▽1回戦
【北谷】9時
コザ―美里工
北谷―宮古総実
豊見城―沖縄高専
【セルスタ】9時
南部工―西原
浦添工―浦添商
那覇―小禄
【宜野湾】9時
嘉手納―宜野座
八重山農林―沖縄工