教育

6年間ありがとう 公立小学校 卒業式ピーク

當山忠男校長から卒業証書を受け取る卒業生(左)=23日午前、浦添市立神森小学校

 県内の公立小学校の過半数に当たる145校で23日、卒業式が開かれた。浦添市立神森小学校(當山忠男校長)では、6年生125人が恩師や保護者らに見守られる中、一人一人卒業証書を受け取り、学びやを巣立った。


保護者や在校生らに見守られながら6年間通った小学校を巣立つ卒業生ら=23日午前、浦添市立神森小学校

 県内では12日から公立小学校の卒業式が始まり、この日がピーク。24日までに約1万6千人が小学校を卒業する。
【琉球新報電子版】