社会

与那国、陸自部隊が発足 復帰後初、160人配置

新たに発足した与那国沿岸監視隊。隊員約160人が配置された=28日午前11時ごろ、与那国町

 【与那国】防衛省は28日、与那国島で陸上自衛隊の駐屯地と沿岸監視隊を創設した。同日午前、与那国町で整備中の駐屯地内で隊旗授与式を開き、約160人の隊員を配置した。中国の海洋進出をにらみ南西諸島の防衛力を強化するとしており、部隊は周辺の海域や空域で活動する船舶や航空機をレーダーで監視する。沖縄の日本復帰後、県内で新たな自衛隊基地の設置は初めてとなる。

 自衛隊配備をめぐっては住民の賛否が二分し、昨年2月にその是非を問う住民投票が行われた。賛成が過半数を占めたが、住民間のしこりは残っており、この日も配備に反対する住民らが駐屯地の入り口前でプラカードを掲げるなどして抗議した。
【琉球新報電子版】