経済

英客船客対象に泡盛の魅力紹介 酒造組合と国税事務所

クイーン・エリザベス号の乗客に古酒を振る舞った泡盛試飲会=26日、那覇市のクルーズターミナルビル

 消費が減少傾向にある泡盛の需要拡大を図ろうと、県酒造組合と泡盛の所管官庁である沖縄国税事務所は26日、イギリスの豪華客船「クイーン・エリザベス」の沖縄初入港に合わせ、那覇港クルーズターミナルビルで古酒の試飲会を催した。泡盛の女王の大城美憂さんや国税事務所の主任鑑定官らが、海外から訪れた乗客たちに泡盛の魅力を紹介した。

 アルコール度数43度と25度の10年古酒を用意。観光客は振る舞われた2種類の酒を飲み比べ「沖縄特有の酒なのか」「原料は何か」といった質問をする姿が見られた。英語版のパンフレット約千部も配布した。
 国税事務所は「泡盛の需要喚起でバックアップをしていきたい」と話した。
英文へ→Okinawa promotes charm of Awamori to British luxury liner guests



琉球新報