経済

「琉球料理」「泡盛文化」世界遺産へ基金 登録へ署名活動も

琉球料理・泡盛の文化遺産登録に向けて、募金と署名活動への協力を呼び掛ける(左から)安次富順子氏、松本嘉代子氏、安田正昭氏、大城勤氏、新垣勝信氏=20日、県庁

 琉球料理・泡盛文化の世界無形文化遺産登録に向けて活動する世界遺産登録推進委員会(安田正昭委員長)は20日、県庁で記者会見を開き、活動資金の寄付を募る基金設立を発表した。文化遺産登録に向けた機運を高めて国など関係機関に働き掛けるため、今月から数十万人規模を目標にした署名活動も実施する。

 安田委員長は会見で「登録に向けて国を動かすためには、幅広い県民の賛同が必要だ。関係省庁に働き掛けるため、寄付と署名の支援をお願いしたい」と呼び掛けた。

 基金の名称は「『琉球料理』及び黒麹(こうじ)菌による『琉球泡盛』文化圏の世界無形文化遺産登録に向けて!」。募金目標額は2500万円で、期間は2021年9月末までの5年間。過去に文化遺産に登録された国内外の事例調査や情報収集、関係機関への要請など活動費として活用する。

 推進委員会は今後、経済界や行政機関、企業などを訪ねて賛同を求める。法人の寄付金は1口5万円、個人は1口2千円になる。

 事務局長の新垣勝信泡盛マイスター協会会長は「貴重な黒麹菌食文化の琉球料理・泡盛の独自文化を次世代に保護して継承するのは県民の重要な使命だ」と訴えた。

 問い合わせは推進委員会事務局(電話)098(861)5403。

 振込先口座名は「世界遺産登録推進委員会」。口座番号は次の通り。
▽沖縄銀行本店(普)2501370
▽琉球銀行松尾支店(普)537122
▽沖縄海邦銀行松尾支店(普)0884296
▽ゆうちょ銀行店番708(普)1073438