芸能・文化

心に染みる歌三線 国超え2000人一斉演奏

三線の素晴らしさを国内外に発信する「うまんちゅ三線大演奏会」。息の合った演奏を披露する参加者ら=30日午前11時すぎ、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇

 三線を愛するウチナーンチュが世界中から集い、三線の素晴らしさを国内外に発信する「うまんちゅ三線大演奏会」が30日午前、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で行われた。国指定重要無形文化財「組踊歌三線」保持者の西江喜春(きしゅん)さんが「この大演奏が次の第7回大会にもつながりますように」とあいさつ。県内外や海外からの奏者らおよそ2千人が一斉に「かぎやで風節」「安波節」「てぃんさぐぬ花」を演奏し、一体感ある音色を響かせた。

 国指定重要無形文化財「琉球古典音楽」保持者で人間国宝の照喜名朝一さんの下で安冨祖流絃聲会の三線を学んで20年になるという北谷町の伊禮淳子さん(61)は「こんなに大人数で共に演奏する経験は初めてで感動している。次回のウチナーンチュ大会でもこういう機会があればぜひ参加したい」と語った。

 伊禮さんのいとこでアルゼンチンの県系1世の仲間千恵さん(61)は「『てぃんさぐぬ花』の歌詞が心に染みて大好き。再会したいとこと一緒に聞けて感激している」と喜んだ。