くらし

あいあいファーム、農水大臣賞を獲得 食育、地産地消を評価

伊志嶺勲社長

 【今帰仁】全国のそれぞれの立地を生かした取り組みを表彰する農林水産省の「2016年度地産地消等優良活動表彰」で、今帰仁村で食育の普及に努める農業生産法人あいあいファーム(伊志嶺勲社長)が地域振興部門で最高賞の農林水産大臣賞に輝いた。東京で5日、表彰式が行われる。同表彰には69件の応募があった。

 あいあいファームは2009年に設立。翌10年に閉校となった今帰仁村立湧川小学校の校舎をリフォームし、有機野菜を活用した6次産業に取り組んでいる。野菜の直売店やレストラン、宿泊施設、作業場などが完備され、ソーセージ作りや買い物、食事、農作物収穫などの体験学習ができる。

 「農業と食育とものづくりを通して、人々の心と体の健康づくりに貢献します」を経営理念に掲げる。伊志嶺社長は「すごいことをやっている、という意識はなかったが、このような賞が受賞できて勇気をもらえた」と喜びを語った。今後の目標について「“食”を通して安全な沖縄をつくっていきたい」と意気込んだ。