経済

ワイングラスで泡盛を まさひろ酒造「黄金」2弾発売

「まさひろLOUNGE(ラウンジ)」をPRするまさひろ酒造の仲嶺豊常務執行役員(中央)ら=16日、琉球新報社

 まさひろ酒造(糸満市、新城満社長)は16日までに、樽(たる)貯蔵泡盛「黄金まさひろ」シリーズの第2弾「まさひろLOUNGE(ラウンジ)」を発売した。スパークリングワインのような高級感あるデザインで、ボトルを直接冷やしてワイングラスで飲む、新たなスタイルを提案する。

 アメリカンホワイトオークの新樽に2年半ほど熟成させた原酒と新酒をブレンドし、琥珀(こはく)色の泡盛に仕上げた。上品な樽の香りで、フレッシュ感のある米の風味から、まろやかなバニラ風味へと変化する味わいを楽しめる。炭酸割りもおいしい。

 アルコール度数は30度で、容量は720ミリリットル。希望小売価格は916円(税別)。16日に琉球新報社を訪れた同酒造の仲嶺豊常務執行役員は「若者や女性もおいしく飲める」とPRした。