社会

空中給油再開か オスプレイと空中給油機が離陸

滑走路を離陸し、空中給油訓練に向かうとみられる垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ=6日午前10時45分、宜野湾市の米軍普天間飛行場

 【中部】米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ4機が6日午前10時45分と11時3分、2機づつ離陸した。嘉手納基地に駐機していた山口県岩国基地所属のKC130空中給油機1機も10時32分に離陸した。空中給油訓練を再開したものとみられる。
 オスプレイは昨年12月の墜落事故以来、空中給油訓練を停止していたが、5日に米軍が6日から再開すると発表していた。
 普天間飛行場のオスプレイは午前8時45分に1機が飛来したが、10分後に再び飛行場に戻った。11時3分に離陸した2機は4分後に嘉手納基地に着陸した。
 また嘉手納基地では午前10時3分、事故時に給油していた機体と同型のMC130特殊作戦機も離陸したが、すぐに着陸し再び離陸する訓練タッチ・アンド・ゴーを繰り返している。【琉球新報電子版】


米軍嘉手納基地を離陸する米軍岩国基地所属のKC130空中給油機=6日午前10時32分、嘉手納町の嘉手納基地