政治

宮古島陸自配備、賛否明言せず 沖縄県知事「市民判断見守る」

 翁長知事

 沖縄県の翁長雄志知事は9日、22日投開票の宮古島市長選への出馬を表明している前県議の奥平一夫氏(67)=無所属=の応援で宮古島入りした。奥平氏が反対する同市への陸上自衛隊配備計画について「地元でもさまざまな意見がある。市民の判断を見守りたい」などと記者団に述べ、配備の賛否を明言しなかった。

 翁長知事は「(県民の心が)二つに分かれていては基地問題も経済発展もうまくいかない。全てのもので一致しているわけではない」と語った。

 一方、翁長県政を支える「オール沖縄」陣営の選考委員会から擁立された医師の下地晃氏(63)=無所属、社大、社民推薦=は、奥平氏のみへの支援に異議を訴えているが、翁長知事は「オール沖縄関係者で会合を開き、選挙が終わったらノーサイドで頑張ろうと確認した。私の決意は理解してもらえると思う」と述べた。

 市長選にはそのほか、現職の下地敏彦氏(71)=無所属、自民推薦=と前市議の真栄城徳彦氏(67)=無所属=が出馬を表明している。