スポーツ

FC琉球、今年は「琉球流蹴球 RYUKYU STYLE」

2017シーズンでの活躍を誓うFC琉球の新加入選手やスタッフら=10日、那覇市の県庁

 サッカーJ3のFC琉球は10日、沖縄県庁で会見し、2017シーズンのチームスローガンを「琉球流蹴球 RYUKYU STYLE」と発表、加入選手を含めた新体制を紹介した。新任の倉林啓士郎代表取締役は「真の県民クラブへの変革により、FC琉球が沖縄になくてはならない存在となれるようにしたい」と述べ、金鍾成監督は「3対1で勝つサッカーをさらに追求していき、J2に昇格することを目標に掲げる」と2季目へ向けて、あらためて決意を示した。

 会見では新任の吉田ロベルトクリエーティブディレクターも就任あいさつし、新加入選手らは意気込みを語った。選手は新加入9人を含む25人でスタート。18歳(DFキムヒョンボム)から28歳(MF藤澤典隆)までの平均年齢22・6歳と、昨シーズンの23歳よりもさらに若いチーム編成となった。今季いっぱいで契約満了となる選手も多く、競争意識の向上に期待が掛かる。

 新キャプテンは琉球4年目でチーム最年長のMF藤澤が務める。藤澤は「J2昇格の目標に向かい、シーズンが終わった時に監督を胴上げできるように頑張る」と抱負を述べた。

 会見に参加した県サッカー協会の具志堅朗会長は昨シーズンの琉球について「一時はトップを走ったが、途中で息切れも見受けられた」と分析。「県のサッカーチームのリーダーとして頑張り、活躍してほしい」と期待した。