芸能・文化

県内書道界代表らの作品展示 新春書道展始まる

県書道美術振興会の秀逸作品が鑑賞できる第6回新春書道展=11日、那覇市の琉球新報社1階ギャラリー

 沖縄県書道美術振興会(会長・富田詢一琉球新報社長)の役員や理事の作品38点を展示した第6回新春書道展(主催・同会、共催・琉球新報社)が11日午前、那覇市天久の琉球新報社1階ギャラリーで始まった。15日まで、入場無料。

 同展では、2016年中の各種展示会に出品されるなどした漢字やかな、近代詩文書などの厳選書が並ぶ。振興会の新垣太雅理事は「各書道団体を代表する方々の作品が一堂に会している。さまざまなジャンルが楽しめるので、ぜひ鑑賞してほしい」と呼び掛けた。

 展示は午前10時~午後6時まで。最終日の15日は午後5時まで。問い合わせは琉球新報社読者事業局098(865)5255。
【琉球新報電子版】