政治

うるま市長選 一騎打ちへ 野党、山内末子氏を擁立

(左から)島袋俊夫氏 山内末子氏

 【うるま】4月23日投開票のうるま市長選で、市政野党などでつくる候補者選考委員会が県議の山内末子氏(58)を擁立する方針であることが17日、分かった。18日にうるま市内で委員会を開き、正式に決定する。

 市長選には現職の島袋俊夫氏(64)=自民推薦=が立候補を表明しており、一騎打ちの公算が大きい。

 選考委は昨夏から、翁長県政を支える「オール沖縄」の立場を掲げる候補の擁立を検討し、いずれも選考委員を務める山内氏と県議の照屋大河氏(45)のどちらかの擁立で調整を進めて来た。