社会

東京MX 安田、津田氏が出演を辞退 沖縄ヘイト放送受け

(左から)安田浩一氏 津田大介氏

 東京ローカルの地上波テレビ局・東京メトロポリタンテレビジョン(東京MX)の番組「ニュース女子」が米軍北部訓練場のヘリパッド建設に反対する市民をテロリストに例えるような放送をしたことを受け、ジャーナリストの安田浩一氏と津田大介氏は19日までに、コメンテーターを依頼されていた同局のニュース番組「モーニングCROSS」への出演を辞退した。「モーニング」と「ニュース女子」は制作会社が異なるが、局による検証や総括があるまで出演を見合わせるという。

 両氏は「モーニング」の報道姿勢に敬意を示す一方、「ニュース女子」の放送内容について「取材がずさんで、あまりにひどい」と批判した。

 1月12日に出演予定だった安田氏は「ニュース女子はデマと悪意に満ちていた。何らかの検証をテレビ局自身がやらないといけない」と指摘した。

 1月24日と2月15日に出演予定だった津田氏は「モーニングで自由に話せる時間は5分くらい。この問題を話すには時間が足りない」と説明。「永遠に出演しないわけじゃないが、局による検証が必要だ。BPO(放送倫理・番組向上機構)の結論も見守りたい」と話した。