スポーツ

第10回ツール・ド・宮古島 7月8、9日開催決定

 【宮古島】自転車の第10回ツール・ド・宮古島2017(宮古島市、パワースポーツ主催、琉球新報社共催)実行委員会総会が7日、宮古島市役所平良庁舎で開かれた。第10回大会は7月8、9の両日に市平良のトゥリバー地区を発着点に開催することを確認した。申し込みは2月13日から6月2日まで。実行委員長の長濱政治副市長は「安心で安全な大会になるように頑張りたい」と意気込んだ。

 サイクリング部門は7月8日正午スタート。定員は83キロの部、114キロの部で各200人。競技のロードレース部門184キロは9日午前7時にスタートする。114キロの部は同10分から。定員は114キロ、184キロの部で各400人。

 参加料はサイクリング部門で6千円(高校生以下半額)、ロードレース部門は114キロの部1万円、184キロの部1万2千円(いずれも高校生半額)。

 参加申し込みはパワースポーツのホームページhttp://www.powersports.co.jp/から。問い合わせはパワースポーツ(電話)0467(84)8639。