スポーツ

空手ニュージーランド代表、沖縄合宿へ 新設の会館利用検討

 ニュージーランド空手代表チームが2020年の東京五輪に向けた強化合宿を県内で予定し、県、沖縄市と合宿実施について、近く締結する方向で調整している。県によると、ナショナルチームの県内合宿は初めて。沖縄市が同チームを受け入れるが、3月4日にオープンする「沖縄空手会館」(豊見城市)での練習も検討している。同会館を利用すれば、海外チーム第1号の活用となる。

 海外勢の合宿の動きは東京五輪を控え、空手を含めた「スポーツ合宿地・沖縄」の世界へのさらなる発信につながるとして、関係者も期待している。

 ニュージーランド空手代表チーム選手6人を含む関係者9人が、沖縄空手会館の開館前後に県内を訪れる予定。その際に約1週間滞在し、第1回の練習を行いながら県内の関係施設なども視察する。

 滞在期間中、県と沖縄市、同チームの3者間締結調印式を行う方向で調整している。

 県は昨年9月、東京にあるニュージーランド大使館などを訪ね、県内でのスポーツ合宿を誘致した。同10~11月にかけてオーストリアで開催された第23回空手世界選手権に合わせて欧州での誘致活動も行った。さらに同12月にニュージーランドなどオセアニア諸国も回り、合宿誘致を取り組んできた。

 県は「五輪選手の県内合宿は、沖縄の素晴らしさを世界に発信していくいいチャンスだ」と捉え「スポーツアイランドとしての認知度も向上していく」と期待している。(呉俐君)