政治

「辺野古固執すれば禍根残す」 知事、外相に見直し求める

会談する翁長雄志知事(右)と岸田文雄外務大臣=26日午前9時半ごろ、県庁

 来県中の岸田文雄外相は26日午前、県庁で翁長雄志知事と会談した。翁長知事は岸田氏に対し、米軍普天間飛行場の県外移設と5年以内の運用停止、日米地位協定の改定、尖閣問題の解決など12点を求める要望書を提出した。その上で「2月10日の日米首脳会談では辺野古移設が普天間飛行場の継続的な使用を回避する唯一の解決策であると再確認されたことは誠に遺憾だ」と批判した。その上で「日米両政府が辺野古移設に固執すれば、今後の日米安保体制に大きな禍根を残す」と述べ、見直しを求めた。


岸田分雄外相(左)に普天間飛行場の県外移設と5年以内の運用停止など12点を求める要望書を手渡す翁長雄志知事=26日午前9時半時ごろ、県庁

 会談は冒頭のみ公開され、公開部分では岸田氏からは辺野古移設計画に関する直接の言及はなかった。一方、岸田氏は昨年4月の米軍属女性暴行殺人事件を受け、日米両政府が日米地位協定の補足協定を締結し、地位協定を適用する軍属の範囲明確化を図ったことを説明し、沖縄の基地負担軽減に努めていると強調した。
 翁長知事と岸田外相の会談は2016年9月以来、3度目。【琉球新報電子版】

英文へ→Governor Onaga warns Foreign Minister pushing through Henoko base will create trouble in the future