教育

先輩へ砂文字エール 宜野湾高野球・サッカー部員ら

宜野湾高校の在校生が卒業生に贈ったサンドアート=1日、同校運動場(同校提供)

 【宜野湾】1日に卒業式が催された宜野湾高校運動場に、砂で文字をかたどるサンドアートが登場した。野球部とサッカー部が中心となり、卒業生を祝福しようと「祝卒業」「GINOWAN(ギノワン)」の字を浮かび上がらせた。

 式前日に約4時間かけて完成させた。野球部の佐久原琉也さん(16)=1年生=は「先輩たちが卒業するのは寂しいが、今後の人生を頑張ってほしいという思いを込めて作った」と胸を張った。サッカー部の仲間飛鳥さん(16)は「少しでもいい思い出として残ってくれたらうれしい」とはにかんだ。

 後輩たちからの“贈り物”を見た卒業生の志良堂百花さん(18)は「とても感動した。後輩たちの気持ちがうれしい。思い出に残る」と笑顔で話し「大学で勉強を頑張って地域の安全を守る警察官になりたい」と語った。


サンドアートを完成させた在校生(同校提供)