人事・訃報

古波津清昇氏が死去 県製造業けん引 拓南製鉄創業者 94歳

古波津清昇氏

 沖縄県内唯一の製鉄メーカー拓南製鉄(那覇市)の創業者で、県工業連合会会長などを歴任した古波津清昇(こはつ・せいしょう)氏が14日午前5時9分、那覇市内の病院で老衰のため死去した。94歳。八重瀬町東風平出身。1961年に県内初の電気炉鉄鋼生産を開始して沖縄の産業復興と工業近代化に大きく貢献し、拓南グループ11社で構成する拓伸会を一代で築くなど戦後沖縄の経済界を代表する重鎮の一人だった。

 告別式は17日午後2時から3時半、那覇市松山1の9の1の大典寺で執り行われる。喪主は長男で拓南製鉄社長の昇(のぼる)さん。

 古波津氏は1923年生まれ。戦前の八重山農学校を卒業。53年に鉄くず取扱業の拓南商事を設立。56年に拓南伸鉄(現拓南製鉄)を那覇市壺川に設立した。

 県工業連合会の第7代会長として83年から89年まで務め、県産品奨励運動を推進するなど製造業の振興をリードしてきた。また、92年創設の古波津製造業育成基金から毎年ものづくりの担い手に助成を実施し、人材育成にも力を入れた。琉球新報賞、第1回オグレスビー氏工業功労者賞、県功労賞などの表彰を受けた。