地域

宮古島まもる君、石像に 交通安全、観光活用願う

「宮古島まもる君」の石像除幕式に出席する新里孝行会長(左)と大城辰男署長=16日、宮古島市

 【宮古島】宮古島地区交通安全協会(新里孝行会長)は16日、交通安全を啓発するキャラクター「宮古島まもる君」の石像を市平良のJAファーマーズマーケットあたらす市場に建立し、除幕式を開いた。

 同協会創立60周年記念事業の一環で取り組まれた。新里会長は「交通安全だけではなく、観光への寄与も期待している。事故がなくなるように頑張りたい」と強調した。

 石像は台座も含めて高さ160センチ。従来より、心なしかふくよかなのが特徴だ。同市場は交通量が多い県道78号に面しており、石像の建立地に決まった。宮古島署の大城辰男署長は「石像建立を契機に交通安全を啓発し、事故をゼロにしたい」と話した。