スポーツ

FC琉球、逆転大勝 天皇杯県予選決勝

天皇杯決勝戦 FC琉球―海邦銀行SC 前半35分、チーム3点目のシュートを決めるFC琉球の前田央樹=9日午後、沖縄市の県総合運動公園陸上競技場(諸見里真利撮影)

 サッカーの第97回天皇杯全日本選手権大会沖縄県予選は9日、沖縄市の県総合運動公園陸上競技場で決勝を行い、FC琉球が6―1で海邦銀行SCに逆転で勝利した。FC琉球は8年連続11度目の本大会への切符をつかみ取った。県代表のFC琉球は23日、同競技場で行う本大会1回戦で愛媛県代表のFC今治と戦う。前半8分に海銀のFW吉嶺文啓が先制ゴールを決めた。しかし直後の16分に琉球はMF朴利基のシュートで同点に追い付いた。22分にはDF増谷幸祐が勝ち越しのゴールを決め、その後はFW前田央樹が35分と44分に追加点を挙げた。後半には途中出場したFW上門知樹、FW福田愛大がそれぞれ1点を加え、海銀を突き放した。

▽決勝
FC琉球
6―1(4―1,2―0)
海邦銀行ク
▽得点者【琉】朴、増谷、前田2、上門、福田【海】吉嶺

◆粘りきれなかった

 仲間幹(海邦銀行SC)監督の話 先制点が取れていい感じだったが、格上に粘りきれなかった。ディフェンスラインを上げてコンパクトなサッカーをしたかったが上げきれなかった。スキルの高いFC琉球とやれていい経験になった。来週からの九州リーグでスタートダッシュしたい。

◆見せつけた実力の差/積極的攻撃、海銀SCに6―1

 前半8分にディフェンス陣のパスをカットされ海邦銀行SCに先制されるも「失点はあり得る。それを覚悟で前へボールを運べ」(金鍾成監督)。FC琉球が積極的にゴールを狙い続け、海銀に6―1の大差でプロと社会人チームの力の違いを見せつけた。

 先制された8分後にはMF朴利基が同点ゴールを決め、朴がすぐにボールを取りさらに点数を奪いにいくという姿勢を見せた。「1点目を取ったことで、落ち着いてゲームコントロールできた」と振り返るDF増谷幸祐の勝ち越しゴールで勢いに乗った。途中出場のFW上門知樹、FW福田愛大も追加点を挙げ、突き放した。

 今シーズンから加入し、9日が23歳の誕生日のFW前田央樹が3、4点目を取り躍動した。前半35分に才藤龍治の力強いシュートを相手GKがはじくと、そのボールに前田が詰め寄り、プロ初ゴール。9分後には相手守備のパスをカットし、GKと1対1の場面で落ち着いてボールをたたき込み2点目を挙げた。

 一方で何度かあったハットトリックの懸かる場面でシュートを決められなかった前田は「意識しすぎて力んだ部分もあり、決めきれないのは自分の甘さ」と苦笑い。前田の活躍に金監督は「シュートを打てるポジションにいるFWの嗅覚がある」と期待する。

 天皇杯で勝ち進めばJ1やJ2のチームと戦うことになり、ディフェンスのレベルも上がるので簡単にはゴールは奪えない。前田は「ボールタッチやシュートの技術などシュートまでの過程の質を上げていきたい」と力を込めた。(屋嘉部長将)