経済

かりゆしウエア抽選会に長い列 那覇でキャンペーン

県ホテル旅館生活衛生同業組合の宮里一郎理事長(左から2人目)からかりゆしウエアの贈呈を受ける富川盛武副知事とガレッジセール=21日正午すぎ、那覇市ぶんかテンブス館前広場

 めんそーれ沖縄県民運動推進協議会、県、沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は21日正午から、かりゆしウエア着用キャンペーン2017を那覇市ぶんかテンブス館前広場で開催した。「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」との連携イベントとして、県出身お笑いコンビのガレッジセールや富川盛武副知事らがかりゆしウエア姿で登場し、かりゆしウエアが当たるチャリティー抽選会に長い列ができるなど盛り上がった。

 沖縄を訪れる観光客を歓迎するため、県民挙げたかりゆしウエアの愛用を呼び掛ける県ホテル旅館生活衛生同業組合の宮里一郎理事長が、抽選会の景品としてかりゆしウエア100着を贈呈した。100円を募金するとかりゆしウエアが当たるくじが引け、収益は県交通遺児育成会へ寄付する。
 富川副知事は「首相や大臣が着用するなど、かなり浸透してきた。これから世界のかりゆしとして拡大に努めていきたい」とかりゆしウエアの通年着用などを呼び掛けた【琉球新報電子版】