地域

たくさん採れたよ 粟国小児童がタマネギ、ジャガイモ収穫

収穫したタマネギやジャガイモを手にする粟国小の児童ら=24日、粟国村

 【粟国】粟国小学校(濱川栄優校長)の全児童は学校近くの畑で24日、昨年11月に植え付け作業をしたタマネギとジャガイモの収穫をした。JAバンク食育事業の一環。

 収穫作業もJAおきなわ粟国支店の瀬長正清支店長とJA職員、地域農家が子どもたちの作業を手伝った。収穫したジャガイモやタマネギは見事に大きく育っていた。

 収穫の手伝いに来てくれた赤嶺真知子さんは「みんなで育てたタマネギやジャガイモは大きいね。おいしいカレーができるよ」と話し掛けていた。

 瀬長支店長も「みんなのおかげで作業も早く終わりました。お疲れさま」と子どもたちをねぎらった。