社会

米空軍兵ひき逃げ 嘉手納署、容疑で逮捕 読谷・大湾

前方に停車していた車両と衝突事故を起こした米空軍兵の車両=29日、嘉手納署

 嘉手納署は29日午前1時15分ごろ、読谷村大湾の国道58号大湾交差点で、車両に衝突する事故を起こし、救護をせずに逃走したとして、米空軍嘉手納基地所属の2等軍曹の男(24)を道交法違反(救護義務違反)容疑で緊急逮捕した。衝突された車両の女性(34)は首に軽傷を負ったが生命に別条はないという。

 逮捕前の任意同行時、2等軍曹の呼気から基準値の約4倍の酒気が検知されたが、事故発生から逮捕までに4時間以上の時間を要しているため、事故発生時に飲酒運転だった可能性もあるとみて捜査を進めている。2等軍曹は「気が動転していて逃げた」と容疑を認めているという。


 2等軍曹は午前1~5時の外出禁止を定めた米軍の行動指針「リバティー制度」にも違反している。

 嘉手納署は米軍捜査機関からの連絡を受けて、読谷村内の自宅で2等軍曹を発見した。同署に任意同行し、同5時30分、緊急逮捕した。