政治

国会包囲に1万8千人 辺野古新基地断念求め

横断幕を掲げ辺野古新基地建設阻止と共謀罪廃案を訴える市民=10日午後3時40分ごろ、国会議事堂正門前

 【東京】名護市辺野古の新基地建設断念などを政府に求め、国会を取り囲む「止めよう!辺野古埋立て 共謀罪法案は廃案に! 6・10国会大包囲」が10日午後、国会議事堂周辺で開かれた。辺野古新基地建設に反対する国会包囲行動は昨年2月以来で5回目。1万8千人(主催者発表)が参加し「辺野古に基地を造るな」「政府は沖縄の民意に耳を傾けろ」などとシュプレヒコールを繰り返した。

 共謀罪についても本島北部訓練場でのヘリパッド建設に反対する市民を逮捕したのは「共謀罪の先取りだ」などと批判し、廃案を訴えた。
 この日、地元沖縄の他にも愛知県や秋田県、富山県でも辺野古新基地建設反対に連帯する集会が開かれた。
 国会包囲の主催者は「『止めよう!辺野古埋立て』国会包囲実行委員会」「戦争をさせない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」「基地の県内移設に反対する県民会議」の3団体。今回は協賛として「共謀罪NO!実行委員会」が加わった。
 辺野古の新基地建設に反対する市民の代表らや国政野党国会議員、識者らが登壇した。沖縄からも稲嶺進名護市長や県選出国会議員、市民団体の代表らが駆け付け、連帯のあいさつをした。【琉球新報電子版】