地域

子どもエイサー元気に 12団体600人競演

 【豊見城】第20回全沖縄子どもエイサーまつり(主催・豊見城市教育委員会、同市子ども会育成連絡協議会、共催・琉球新報社、沖縄テレビ放送、ラジオ沖縄、同市商工会)が27日、豊見城総合公園陸上競技場で開かれた。

今回は2年に1度の「とみぐすく祭り」と同時開催され、節目の大会に県内外から12団体約600人の子供たちが出演し、元気あふれる力強い演舞で多くの観客を魅了した。(29日付朝刊市町村面で写真グラフ)
 まつりは全団体による「ミルクムナリ」で幕開けし、子供たちははつらつとした動きと勇壮なバチさばきで競演した。パーランクーや大太鼓の力強い音とともに「ヒーヤサッサ、ハイーヤ」と元気な掛け声が会場にこだました。子供たちの晴れ姿に、家族ら観衆も大きな声援や拍手を送った。